ごはんのチカラで心はぐくむココハグラボ

美味しいごはんの炊き方と保存食の会


ココハグラボは、「心をはぐくむ」と
 「心をハグする(抱きしめる)」をかけて
子どもが成長して抱っこしなくなっても、
心はいつも抱きしめているよって想いをこめています。

 

食べることは生きること。
日本人が大切にしてきた、主食のごはんです。

 

ごはんにまつわるエトセトラをみんなでお話ししましょう!

 

◆7/31(水)10:30~12:00(出入り自由、自由解散)

・美味しいごはんの炊き方

・お鍋による炊き比べ

・旬の食材の使いまわしでできるごはんのお供(保存食)

などなど、考えいます。うちの保存食自慢などお持ちください!

◆会場  カメヤグローバル様モデルハウス1階 カフェスペース
     岸和田市土生町2丁目22-5>>★★
     (駐車場は使用できませんので、最寄りコインパーキングをご利用ください)

◆参加費 大人 1,000円(中学生以上) 子ども 500円(3才以上12才までの小学生)
     ※自由研究を希望の小学生→1,500円(ワークシートつき、アドバイスします)

◆もちもの マイ箸、マイ茶碗、あればおうちの保存食、

      自由研究希望者→カメラ(スマホOK)、筆記具

※小学生の子どもさんで、自由研究をしたい方にワークシートを使ってアドバイスをさせていただきます。10時半~遅れず参加してください。


 

なぜ、ごはんの思いを綴ります。

 

>>ごはんが主役

 

美しい日本の象徴を表す「瑞穂」の国、
日本の景色と先人から受け継ぐ心を

次の世代の子どもたちに残したい。

 

>>稲の言霊は「命の根」