陰陽お味噌作り講座(11月中旬~4月)


基本の配合で3倍!楽しめる手前味噌が特徴です。

熟成約1カ月の白みそは量を調整して、お正月のお雑煮に、そのまま3、4カ月熟成し、淡色みそで食べるもよし。残り半分をさらに熟成させ、夏を越せば、赤みそになります。

 

1~3年ぐらいまで熟成させることも可能。熟成させる場所によりそれぞれの家庭で風味が異なるのも、手前味噌の醍醐味です。お味噌作りは微生物を育てる、子育ての感覚にも似て、お味噌への愛着もわきます。

 

 

【2016年 日程

 ◆11/16 10:00~12:30   いなほ水曜カフェ>>★★

 
 ◆自宅は、3名以上のグループレッスンです。
 12月2,4、5,6、8,9、10、12 
 ど、日と 1月以降、また、午後の時間帯はお問い合わせくださいませ。


【実習の流れ(自宅)】

10時~13時

・糀たちと胎話しながらお味噌仕込み(90分)

・麹菌のはたらき、陰陽バランスと体質改善、とレシピ紹介(30分)

・お味噌メニューの試食(軽食)と片付け(60分)

 

【もちもの】

エプロン・三角布・タオル・お味噌を仕込む容器(4リットル以上)>>>お味噌の容器(参考)

 

こんな方にオススメ

・とにかく、美味しいお味噌汁が食べたい!

・健康に興味がある!美味しく食べて、美肌力アップしたい!

・食品添加物が気になる!

・病院に行くほどじゃないけど、冷えや下痢、便秘などプチトラブルが気になる!

 

【こんなことが学べます♪】

・お味噌作りを通じて、麹のはたらきを知り、お味噌への愛情が深まる

・丁寧に作業することで、食べ物への感謝の気持ちが育まれる

・学ぶというよりも目に見えない微生物の働きを知り、糀の働きを肌で感じることで感性豊かになる

 

【受講者の声】

●おくの先生が、材料のひとつひとつにこだわり、食材にも愛情を持っておられ、とてもやさしい気持ちになりました!子どもにもできるだけ シンプルなお豆の炊いたものや、お芋さんなどおやつに出したいとおもいました。お味噌は ゆがいた大豆を潰してしていく作業からスタートして、丹念に丹念に揉み込む。私の手の常在菌と麹菌が混ざり合って、強い菌になり、これを食べると家族みんなのお腹の中には私の菌も入ることになり、身体が強くなる!殺菌や石鹸を使い過ぎないこと。たくさん良いこと学びました!

お家の味を作っていきたいです(^.^)(芦屋市)

 

●糀に声かけて、「おはよう!」目を覚まさせてあげてください♡と、云えられたのが素晴らしい!ありがとうございました。(富田林市)

 

●大豆を手で潰す、面倒だけどこの感覚がいいなと思いました。糀を丁寧に揉みこんでいく作業で、お味噌にどんどん愛着が湧いていきます。家で、お味噌が美味しく育ってくれるのが今から楽しみでなりません。次は、子どもと一緒に作りたいです。(岸和田市) 

 

【参加費】

5,000円/2.5時間

(レシピ・おにぎり、お味噌料理の試食、お味噌約2.5kg持帰り材料代こみ)

 

※出張可能です。お問い合わせ下さい。>>>

チケット制・キャンセルについて>>>